バストアップマッサージ

バストアップマッサージの方法

基本マーサージ①

バストアップマッサージで、乳腺やバスト周辺にある経路やリンパを刺激することによって、不眠やむくみなど改善する効果をもたらします。また、婦人科系の疾患にも効果があり、アンチエイジングにも役立ちます。

胸を大きくするマッサージの基本

howto-re0806_no1-02p01 howto-re0806_no1-02p02 howto-re0806_no1-02p03

①鎖骨の中央部分からみぞおちへ向けて、両手の4本の指で交互にさすりおろす。

②手のひらでバストの全体を下から上へ持ち上げるようにさする。反対側のバストも同様に。

③左手を右バストの上部内側に置き、わきの下へ。右手はバストの下部外側に置き、内側へ。それぞれ手のひらで同時にさする。反対側のバストも同様に。

※このバストアップの基本マッサージを1日3セットをしてください。

バストアップマッサージ②

次のマッサージは、わきの下にある腋窩リンパ節の周辺や、バストを支える大胸筋を刺激するのが効果的です。①と②はそれぞれ3回×3セット、3は10秒間行います。

howto-re0806_no1-02p04 howto-re0806_no1-02p05 howto-re0806_no1-02p06

①左側の胸の上の大胸筋に右手を当て、内側から腋窩リンパ節へらせんを描きながら4本の指でさすって、リンパを流す。

②バストの下側から腋窩リンパ節へ、両手の4本の指を交互に動かし、引き上げるようにしてリンパを流す。

③手のひらを軽く丸め、指先でバスト全体を下から上へたたき上げる。

k2バストアップマッサージするときのポイント

①入浴中に湯ぶねにつかりながら

女性に多い冷え症はバストアップの大敵で、血流やリンパの流れが悪いとバストまで必要な栄養が行き届かない原因を作り出します。血流を良くすることでマッサージの効果を最大限に引き出しましょう。

②バストケアクリームを使う

ボディーソープでマッサージをする方法もよいとされますが、バストアップクリームでマッサージするのが理想とされています。血行、新陳代謝がよくなり、バストアップに深く関係する女性ホルモンの分泌など、効果があると言えるでしょう。

美容アイテム「バストクリーム部門」第1位

バストケアクリーム LaChouChou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする