入浴による効果

入浴によるバストアップ

お風呂で出来るバストアップ方法の3ポイント

一般女性の入浴時間は平均30分と言われています。その時間を使いバスアップする方法を紹介します。

①湯ぶねお湯を張りつかる

②バストアップマッサージ

③バストアップ効果があるツボを刺激する

湯ぶねお湯を入れてつかる

バストアップに関係する入浴のメリットは3つあります。

血行の促進、新陳代謝の向上

ストレスの解消

安眠がしやすくなる

引用:http://breast-up.net/

女性に多い冷え症はバストアップの大敵で、血流やリンパの流れが悪いとバストまで必要な栄養が行き届かない原因を作り出します。血流を良くすることは、他のバストアップ対策の効果を高める為にも大切なことです。

またストレスや睡眠不足が重なると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。
入浴にはストレスを解消したり、心地良い眠りを作ったりする為に、欠かせない生活習慣の一つです。

すぐに身体を温めようと熱いお湯に浸かるのはNG。
交感神経が働いて眠れない原因を作ったり、身体の中まで温まらず湯冷めがしやすかったりします。

38度ほどのお湯に半身浴で浸かるようにすると、湯冷めしにくく、冷え症やむくみの改善にも繋がります。

また入浴剤として女性ホルモンの分泌を促すハーブやアロマオイルを使えば、リラックス効果とともに、より効果的なバストアップ、美肌効果が期待できます。

0090721

お風呂でマッサージ

バストマッサージで覚えておきたいのが「外側から内側に向かう」「バストは下から上へ持ち上げるようにする」こと。手でバスト全体を包み込むようなイメージで行ないます。

1.右手で左胸の下から谷間を通り、斜め上に向けて胸を優しくなで上げます。

2.右胸も同様に行ない、左右交互、8の字を書くように10回やります。

最後にバスト全体を両手の指の腹で細かくつまむようにすると、胸全体の乳腺やリンパを刺激します。

また胸だけではなく、二の腕や背中の肉や脂肪をバスト部分に寄せたり、流したりするイメージでバスト部分に持っていくのも効果があります。

何も付けずにバストアップマッサージをすると肌を傷つける原因にもなるので、バスト用クリームやボディーミルクなどを使うと、上手くマッサージが行なえます。

手が冷たいと、その冷えがバストに伝わってしまうので、お湯で手を温めてからマッサージをするようにしましょう。

nyusen-2引用:http://matome.naver.jp/

バストアップに効果的なツボ

バストアップに効果があるといわれるツボがあるのは知っていますか!ツボを刺激することにより血液やリンパの流れが良くなり、バストアップに効果があると言われています。

またそのツボを刺激するにオススメな場所がお風呂なのです!服の上からだとわかりにくいツボも、裸の状態のほうがわかりやすく正しいツボの位置が押せます。

バストアップに効果があるツボは10あります。

10のツボの押し方と場所はこちらで紹介しております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする